HOME > 技術・開発分野のご紹介生活環境製品風力発電システム

風力発電システム

九州大学が発明した高効率風力発電システム「風レンズ風車」の技術が、平成22年度環境省の地球温暖化対策技術開発事業(競争的資金)に採択され、インテグランは共同研究者として、幅広く変動する発電出力の制御に適合できる広範囲入力型パワーコンディショナーを開発しました。

 

  風力発電システム
 

高性能な小型風車「風レンズ風車」(WL3000/3kW)の特徴

集風効果が上昇

●集風レンズで発生する渦により、風速が1.3〜1.5倍に上昇
(発電量は風速の3乗に比例するため2〜3倍の出力上昇)
●増速効果による始動性の向上により低風域での稼働率が上昇

 

コンパクト化を実現

●特殊設計の集風レンズ効果により、ブレードの小型化が実現

 

低騒音での稼動

●集風レンズにより騒音源となるブレード翼端渦を抑制するので優れた静粛性を実現

 

高いフリーヨー性能

●集風レンズの風見鶏効果で風向変動への追随性が抜群

 

安全性を重視した風力発電システム

ブレーキ制御

●ブレードが危険回転数に達すると自動的に低回転モードへ移行し、過回転を抑制(電気的ストール)

 

強制ブレーキ

●非常時には発電機出力を短絡し、電気制御で停止

 

安全壁・安全ネット(オプション)

●バードストライク防止用安全ネット(開発中)
●集風レンズによる、万一のブレード破損時の飛散防止
●集風レンズがブレードを囲うことによる視覚的安心感

 
 

パワーカーブ

 

年間予測発電量

パワーカーブ

 

年間予測発電量

九州大学にて実証試験中

   
       

Co2削減量

 

原油換算量

Co2削減量   原油換算量
 
 

スペックシート(一例)

定格出力 3kW
定格風力 10m/s
ローター直径 2.5m
集風レンズ外径 3.4m
風車形式 集風体付き、水平軸、ダウンウィンド
出力係数 Cp=0.95  (Cp*=0.51  レンズ外径基準)
ブレード 3枚(固定ピッチ)、GFRP
発電機 IPM発電機
ヨー機構 パッシブヨー
ブレーキ 機械式ブレーキ・電気的ストール
電気制御 コンバータ・インバータ
カットイン風速 3m/s
カットアウト風速 20m/s
耐風速 60m/s
出力電圧、周波数 【系統連携タイプ】 100-240V、50-60Hz(系統連携)
【独立タイプ】 バッテリー(オプション)へ充電
重量 650kg
設置方法 地上タワー(標準)
 
 
このページの先頭に戻る